キムチ親爺の釣りと韓国(風)料理  

キムチ親爺の北海道函館のトホホな海釣り(参考不可)と 韓国(風)料理(旨けりゃインジャネ~の)

上の国寅の沢でマガレイ狙い

ここ数年釣り人に 忘れ去られた感のある寅の沢海岸
釣り人から 流行終わった釣り場とか 死んだ釣り場と言われますが
本当にそうでしょうか

そこで先週に続き マガレイ狙いで行ってきました
今週は弱い東風、凪ヨシ、天気ヨシと最高のコンヂィションです 多分・・・

先週よりチョット早くまだ東の空が白む前に到着 条件的には最高です
前回より50mほどずれたところに竿を構えることにしました
海底にある岩盤の違いで釣果が左右されると考え 前回下見しておいた
岩盤が集中している場所狙いです

すぐさま2本針仕掛けを投げ 残りの2本をセットしていると
チョンチョンと魚信がありますが カレイならと放置と残りの2本を投げ
おもむろに先ほどの竿を煽りますと ズシッ! 大物か?

なるほど36センチのホッケに子アブがついてました
スイマセン写真がガッツリ ボケてます
寅の沢2010.5.30①

辺りが薄明るくなった頃周りを見渡すと サクラ狙いのアングラー以外
投げ釣り師は 遠~くに見える3組だけの様です
寅の沢2010.5.30③
先週の写真の使いまわしじゃないですよ 似てるけど・・・

ツンツンッ おっ来たか? 糸フケが出たのを見計らって フンッ!
ヌモ~っとしかこの重量感 コレはカレイでしょう
岩盤に引っかからないよう 竿を立てて高速巻き フンッフンッフンッ

「ガチッ」

あ゛~ 根に引っかかった~ 糸を緩めて放置しときましょ
もう一本の竿にも魚信があり 上がってきたのは
寅の沢2010.5.30②
30あるかないかの マ・ガ・レ・イ きょうはイケるのか?
この後 魚信が頻繁に出だしたので 根がかりのいとを切り仕切り直し
1時間半ほ程 35センチ前後のホッケと戯れ 手のひらクロ、マの
リリースを繰り返し後マッタリモード突入

寅の沢2010.5.30④

愛すべき小砂利の上で横になり ウツラウツラしておりますと
遠投しておいた竿が ゴゴゴンという魚信とともに 竿尻が上がり
竿が斜めにひっぱられていきます この時間帯でこの魚信は
ここでは決まって大型のアブラコです
竿が立たないくらいの重量感ですが 半分程巻いたところで
痛恨のスッポ抜け!
カレイ針の13号、14号ですからこんなこともあります
まあマガレイ狙いですから しょうがありません

その後 急に潮が右へ急激に強くなり 魚信も散発
結局 前回より大型も上がらず マガレイの数釣りにも程遠く
寅の沢2010.5.30⑥-2
またしても肝心なところでボケます

26センチ程のクロガシラを1枚追加し 逃げるように撤退!
お持ち帰りは 30センチほどのマガレイを頭にカレイ6枚
ホッケ35センチ前後 合計7本お持ち帰り

いやはや なんとも
 『中途半端だぁ゛~!』 

でもコレだけは言えます

寅の沢は 
 まだ死んじゃイネェぞ~!!
  

     完    

十分じゃないですかぁ~ 
と思ったら ポチッ 
↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

まとめ