FC2ブログ

キムチ親爺の釣りと韓国(風)料理  

キムチ親爺の北海道函館のトホホな海釣り(参考不可)と 韓国(風)料理(旨けりゃインジャネ~の)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2週連続タカノハ新規開拓   まさかのアノ魚が釣れたけど ダメだこりゃ!

先週の日曜日またもや仕事 それを黙々とこなし ふと潮見表をみると噴火湾17時頃満潮とか
これならノンビリと新規開拓でもしてみましょうかと いつもとは違うサーフを調査してきました

3本体制で さあスタート
すぐに3本全ての竿先が ピコピコピコピコピコピコピコピコピコピコピコピコ

んでシーーーーーーン ヤツです 豆フグの襲撃 5分も経たずに素針です

遠・中・近 前・右・左 どう投げ分けても ピコピコピコピコピコピコピコ シーーーーン

ここは ダメだぁ~っ!
相当水温が下がって 豆フグがいなくならないと勝負になりませんなあ

んでいつもの第1ポイントへ移動 
これがまたなんとも・・・・・・この前の台風の影響でサーフの砂が消えて ガラ場に大変身
一応夕暮れまで粘ったけど 魚信の一つもなく終了

続いて翌週  前からこの先のサーフどうなってんのかなあと気になってたとこ サーフからトボトボと歩いていってみると それはそれは見事な超遠浅岩礁帯(笑) こりゃあ無理でしょう
んで ちょいと近くの小さな小さな船揚げ場 なんとかなりそうなんだけど おばあちゃんが昆布拾いみたいなことしてたんで お邪魔しないようにご遠慮させていただきました

結局 自分的に第二ポイントと定めるサーフへ
波 高っ!
いくらタカノハは波があったほうが良いといっても こりゃあ厳しい
でも 時間も時間なんで このサーフで竿3本出してみました
でもやっぱ 波高っ! 波足も長くてサーっと伸びてきて 最終的に4度の後退を余儀なくされました
さて今日は干潮が大体17時なので 日没まで何とか粘ることに

荒れたサーフでも カニと思われる餌取りは活発!
そんな中 15時半ころに30センチまで寸足らずのタカノハが一枚 モチロン即リリース
噴火湾20171008①
この後 同サイズ2枚をリリース 

その30分後位に コンコンコンと遠慮がちの魚信 小さいかなと思いながら合わせると
これがなんとズシッとした重量感 コンブ? いやいや生命反応もあるし 期待して良いのか?
噴火湾20171008②

んでこれ 子持ちガレイならぬ コブ(昆布)付ガレイ(笑)

こんな事の繰り返し


っと ここで 思いがけない獲物が

ツンツン 微妙な魚信? 何だ?
竿を上げてみると 微妙な生命反応 んで釣れてきたのは まさかの・・・


噴火湾20171008③

チカ(笑) 12センチ位ね 砂の上で暴れるもんだから見難いけど スレじゃなくて ちゃんとクチに針掛かりしてるんだから凄いよね

チヌ針の6号なのにね
餌取りがカツオの身を食べた残りの 皮に食いついたみたいだね
つか ここにチカなんているんだぁ ということはタカノハ狙いの餌にチカも有効ってことか?
ならば次回はチカ餌で狙ってみよう

あぁ 先週も今週も 新規開拓失敗だなあ
釣果も お持ち帰りは一枚も無し 今年はタカ刺しにありつけるのでしょうか?

根性で 釣れるまで行けっ!
と思っても思わなくてもポチッとね
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。