キムチ親爺の釣りと韓国(風)料理  

キムチ親爺の北海道函館のトホホな海釣り(参考不可)と 韓国(風)料理(旨けりゃインジャネ~の)

エゾ春ゼミ

先週釣から帰ると 懐かしい同級生からの着信

キムチ親爺  「おお~ 久しぶり どした」
同級生     「あのさ 子供にハルゼミ とって見せてやりてんだけど
          なかなかとれないのさ」
キムチ親爺  「俺さとってけれってかい」
同級生     「んだ 得意だったべや」
キムチ親爺  「いいけど 保証できねえど」

で 待ち合わせの場所で待っていると子供連れの彼がやってきた 
手ブラで・・・・こっちも手ブラ
(ここで言う手ブラとは 手のひらでチチを隠すあの手ブラではない)

基本ハルゼミは止まっている木から飛んでも 大体もとの位置に戻り
高いところから低いところに飛んでくることはほとんどない
いまさらしょが無いので 目をつぶりセミの鳴き声の方向を調べる
木の上から 人をおちょくったような泣き声が降り注ぐ
semi0

アミも無いので たまに太目の草の茎や 
低い所で鳴いているヒネクレ者のセミを探す
おっ いるっ!
集中して方向を見極め 気配を消してソ~ッと近ずくと
 「いた いた いたーーー!」
いい年こいて テンション上がりまくり

semi1

semi3

そろりそろりと にじり寄って写真をパチリ
semi4

警戒されないように 動くか動かないかの速さで死角から手を近づけ
さっと セミの羽が痛まないようにつかまえる
指の間で足をはさみ 飛ばないようにしてパチリ
semi6

子供が目を輝かせて見ていた 「ウオ~」 「スゲ~」
少しの間子供に渡してから 指の上から飛ばせた
semi5
汚い指だ

この後しばし 子供の質問攻めに会う
父親よりも 謎の生物キムチ親爺に興味を持ったようだ

この日 キムチ親爺はヒーローになった 

          
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kimutibutyou.blog24.fc2.com/tb.php/110-066da76c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ