キムチ親爺の釣りと韓国(風)料理  

キムチ親爺の北海道函館のトホホな海釣り(参考不可)と 韓国(風)料理(旨けりゃインジャネ~の)

カジカ狙い②

カジカ狙いの釣行が 微妙にウレシイソイ釣りとなり
次はタカノハ狙いで砂浜へ移動です

まずは車中で仮眠をとり
※カジカは釣れなかったものの ソイで2食分の食料が
チャッチャッと確保できたので いつもより長めの仮眠を
とることができました

前からタカノハが釣れるんじゃないか と目をつけていた
漁港横の砂浜は暗いのか まだダレもおりません
ポイントが違うのか?

空が白んで来た頃 とりあえず竿本2PEラインで ブン投げます
しばらくして 1人の釣り人がやってきて 『おはようございます』
挨拶を済ませ カレイですか?と伺うと
『ハイ マツカワ(タカノハ)です 今年もそろそろ釣れそうなんで』

そうか 場所の選定は間違ってないと胸をなでおろす
まもなくチョコチョコと竿を揺らすのは 超小型のハゴドコ
5~6匹ほどリリースを繰り返し 魚信が途絶えます

ここからです この後にタカノハが来るはずなんです!

すると新たに もう一人の釣り人がやってきます 
特に挨拶されることもなく キムチ親爺の横に入ったのですが 
ずいぶんと近い様な・・・大丈夫かなと 少し心配しましたが 
こちらも それどころではありません
何時来るか分からない魚信を 今か今かと待つ緊張の時

しかししばらくすると キムチ親爺のラインが竿ごと引っ張られ
隣の釣り人が 怪訝そうな顔をしながらリールを巻いています
思いっきり キムチ親爺の糸にかぶせてしまった失投です
『かぶってるよ~』と叫ぶと 『すいませ~ん』

互いにロッドを持って歩み寄り 2人がかりで解いていきますが
なにせこちらはPEですので 絡まるとやっかいなのです
先方が自分の仕掛けを切って 解いてくれて一段落
『切ってもらって すいませんね』『いやこっちが悪いんだから』

再び自陣へ戻り リールを巻こうとすると もう1本の糸もダラ~ン
そうです 2本まとめてオマツリさせられたようです
おまけに2本とも 海藻に揉まれ岩に引っかかったようで
ラインの真ん中から ブッツリ

あ゛あ゛あ゛~~ ピ PEが~~


ライン切れとともに キムチ親爺の心の糸も プッツン
スゴスゴと 帰途についたのでした
何にもできなかった・・・・・・・

PEライン2巻・・・・
       財布の中身が・・・・
             追いつかない


     

ヘタレと思う人 ポチしてみたらどうでしょう
 ↓↓  
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kimutibutyou.blog24.fc2.com/tb.php/177-a76dc5dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ