キムチ親爺の釣りと韓国(風)料理  

キムチ親爺の北海道函館のトホホな海釣り(参考不可)と 韓国(風)料理(旨けりゃインジャネ~の)

送られてきたブツ

突如キムチ親爺のショップに 送られてきたブツ
送り主を確認すると 某食品会社の部長からでした
なんじゃ?と開けてみると 怪しげなペースト状のブツが
容器に ミッチリと詰め込んであります
辛みそ1


恐る恐る舐めて見ると しょっぱくてニンニクの効いたそれは
辛みそラーメンのタレというかベースのようです

すぐさま送り主に連絡をとってみました
『ご無沙汰してます その節はお世話になりました 送ったブツですが
それと同じものか それ以上のもの作ってくれませんか』だって

実はこの食品会社の部長とは 以前新規オープンのお店の準備で苦労した仲
そのときに辛みそラーメンのベースを キムチ親爺が作った経緯があるのです

今回も食品会社の社長が お客様から独自のものを作ってくれと依頼され
そうだ! キムチ親爺に連絡だ!と その部長に話がきたと言うわけです
ただ 前にも言ったのですが キムチ親爺はフードコーディネーターでも
料理評論家でもありません ましてラーメン店で働いたこともありません
んで 作ったからといって 報酬があるわけでもないのです

でもね~ 頼まれると断れない性分なのよ 困ったことに・・・・・・
タイムリミットを確認すると チョット厳しい状況
やむなく今週も カジカ釣りを諦め取り掛かることになりました ヒエ~~!!!

再度連絡をして 『ダメ元でやってみます そんでスープは豚骨ですか?
清湯ですか?ブレンドしますか?キムチ親爺ができるのは 韓国風の味に
なりますけどいいですか?』等等確認して始めることに・・・・・・
とりあえずベースは 残業(無給)しながら作ります
味噌、ニンニク、韓国唐辛子、醤油、秘密の調味料等など ひたすら分量を
計りながら 練りこみます 当然分量のメモは欠かせません
ここまでできたら 後は 明日に持越しです 
辛みそ2
 
いろいろな生の食材を 刻んだり すりおろしたりしたものを加え
弱火でじっくりと 火を入れて完成・・・・するのか?
とりあえず3パターンほど作ってみようかと 思案しております

味見に使うスープは モチロン豚骨スープなんぞ仕込むわけにはいかないので
ソルロンタンスープ(牛骨)の素で味見することにします

ホントにこんな依頼 受けちゃっていいの?できるの?と 不安な反面
心のどこかで ワクワクしているキムチ親爺です
ホント困った性格ですこと・・・・・・

ホントにできるのか?と思っても
思わなくても ポチッとね
 

↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kimutibutyou.blog24.fc2.com/tb.php/187-a4d0e9b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ