キムチ親爺の釣りと韓国(風)料理  

キムチ親爺の北海道函館のトホホな海釣り(参考不可)と 韓国(風)料理(旨けりゃインジャネ~の)

大山鳴動

このブログは フンフン フンガフンガと鼻息も荒く 
意気込んで冬の海へ突撃した男の 一部始終である

遅い配達を終え 急いで飯を流し込み 海へ到着したのは午前0時
海の状況を確認するため 急いで車を降りたが いい感じの波です

サムッ! しかし今日のキムチ親爺は いつもと違います
mutuさんから 伝授していただいた防寒対策のおかげで
余裕で準備を開始します
ゴロ仕掛け2本 大ぶりのエビ粉まぶしのカツオ仕掛け1本
夜の狙いはカジカオンリー 雑魚のハゴドコが針を飲み込まないよう
使う針はドデカサイズ使用です つまりは針がかりする魚はカジカか
それなりのサイズと言うこと

ドボン ドボン ドボン
さぁ~来い! さぁ~来い! ド~ンと来い!
潮周りからして 魚がいればすぐにでも竿尻が上がるはず
30分ほど経った頃 クンクン オロッ? ハゴドコか?
少しだけ竿を押さえ込む魚信であわせると ズシッとした重量感
読みバッチリの カジカ サイズは40cm弱
ヨッシャーーーー!! 今日はもらったーーー!
写真はまだ撮らない 獲物はこの手にあるのだし いつでも撮れる
それよりも 手返し優先 時間が惜しい
10分も経たないで今度は竿尻が跳ね上がる ソイか?
あわせると先ほどの重量感はない 出てきたのはハゴドコ
30cm程だがやたらと元気が良い しかし今日のキムチ親爺の
狙いではないのでリリース
いよいよ魚が活性化してきたんだ 今日は爆釣確定!!!

RYUさんの敵討ち完遂を 信じて疑わないキムチ親爺
小さな魚信も逃すまいと 仁王立ちで暗闇に浮かぶギョギョライトを
これでもかと言うほど睨み付ける
対岸に浮かぶ明かりは 室蘭の明かりだろうか
時を同じくして対岸でも 釣り人は頑張っているはずだ
様々な思いが 頭の中を駆け巡る 余裕のなせる技である

しかし油断している場合ではない 次から次と
竿先が揺れる 竿尻が上がる・・・・・・・はず

・・・・・・・???????

あれ?どうしたの?ホワ~イ?

結論から 言おう!
朝マズメまで何にもない なぜかエサだけがきれいになくなっている
寒空の中 約5時間仕掛けを投げては仁王立ちの むなしい繰り返し

修行僧か! 

まあいい ゴロの臭いで 暗闇の中ジワジワとにじり寄ってきたヤツ
そうタカノハが夜明けとともに イソメ、カツヲにかぶりついてくる
そう信じて夜明け フニャフニャのエサ取りヒトデをはずし投げ返す
  
んが! 射程距離内に磯船が集結 噴火湾
ダメだ~

結局 40cm弱のカジカ1匹
2009.11.29-2

あの 大騒ぎは何だったんだ これを巷では

大山鳴動して カジカ一匹という

    

だと思った! 
思っても 思わなくてもポチッとね
↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kimutibutyou.blog24.fc2.com/tb.php/198-718f926e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ