キムチ親爺の釣りと韓国(風)料理  

キムチ親爺の北海道函館のトホホな海釣り(参考不可)と 韓国(風)料理(旨けりゃインジャネ~の)

ある日 S町の砂浜にて

人間長く生きていれば それなりの思い出があるもので
キムチ親爺とて それなりの思い出はあるのです

もう何年前になるだろうか 日曜の午後からS町の砂浜で
夕マズメのマコガレイ狙いで 竿を出していたときのこと

あたりが暗くなりかけてきた頃 地元のあまりヨロシクナイ
少年少女7~8人がやってきて テトラポットの陰に消えて行った 
これから花火でもおっぱじめるのか?それとも・・・・・・

あたりが真っ暗になった頃 そのうちの金髪のニィチャンを先頭に
3人のニィチャンが ザッザッと砂浜からこちらに向かって来ます

来やがった!!  
邪魔だ アッチいけよと イチャモンをつけに来たのだろう
コリャ ヒトモンチャクあるな 覚悟を決め身構えていると

「こんばんは」 「コンバンワ」
とっさにキャップライトを向けると 金髪のニィチャンでした
「どうですか 釣れますか?」
意外な言葉をかけられ あっけにとられたキムチ親爺は
「う うん・・・・ まだホッケだけだよ」
すると金髪ニィチャンたちは
「大丈夫ですよ これから釣れますよ」
「頑張ってください! じゃあ 失礼します」


エ~!! メチャクチャ礼儀正しいジャン

なぜかその後 キムチ親爺の口からとっさに出た言葉は
「ちょっと待って! みんなで飲みなさい」
と クーラーBOXから ありったけのジュースを彼らに渡したのでした

「あっどうも ありがとうございます」
と去っていった彼らは
残りのメンバー全員を引き連れてやってきて
みんなで 「ありがとうございます」だって

ウワ~ なぜかワカランが チョット感動

その後 竿先のギョギョライトが 揺れることはなかったのですが
気持ちのよい釣行でした

世の中 まだまだ捨てたもんじゃないね

      

アンタも 昔 酷かったでしょ
と 思ったら ポチッとね

↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kimutibutyou.blog24.fc2.com/tb.php/213-dfa82376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ